高麗手指鍼と手のひら先生スタイル

高麗手指鍼の謎を解明し、独自に進化させた手のひら先生スタイルの紹介です

ツボは手の表面皮膚の下に有ります

 ネットを見ていたら、手のひらのツボは深いところにあるという表現があり、驚いてしまいました。

すべてのつぼは皮膚の下、浅いところに有ります。

なぜかというときの通り道、経絡は皮膚の下真皮層にあると言われ、証明されたのが本山博氏でした。

セミナーで金成萬師は腰痛の治療で相応点という治療箇所を特定するために、韓国で発売されているサインペンの先で手の甲を押して、どこが一番痛むかを確かめさせていました。

一番痛むところが治療箇所というわけです。

個人的には「それだけ深く押せば神経に当たって、そりゃ痛いわな」と思ったものでした。

坐骨神経痛などの治療をしていると、一箇所だけ深く刺しているわけでもないのに、ほかの鍼の半分も刺さっていないのに、やたら痛がるところが有ります。

そこが一番の問題点がある場合が多いのです。

そこは決して深いところではありません。

さて私が学生時代大阪にいる鍼灸師で、内蔵まで鍼を刺す鍼灸師がいると話題になったことが有ります。

何人かの先生方が話題にしたと思いますが、先生方のご意見は「ツボはそんな深いところにないので、内蔵にまで刺すことは必要がない」と言うことでした。

開業するとき東洋鍼灸専門学校恩師の佐藤賛先生に挨拶に行きました。

そこで時間までと言って見せてくれたのが、この鍼灸師の著書でした。

すでに絶版になっていたもので、読むとすごかったです。

白内障の治療に眼球に沿って鍼を入れていったら折れた。失明まで行って裁判になった。

肝臓が悪ければ肝臓まで鍼を刺した。他の臓器も同じ。

深く刺したから内蔵が治るということはありません。

東洋医学の古典には、生身の人間を治療するために経絡を見たり考えたりすることを説いているわけで、決して内臓まで云々という治療法ではないことが理解できます。

鍼を刺すということはどういうことなのか?

鍼を刺すと皮膚の表面はマイナス皮下はプラスに帯電してるので、刺鍼と同時に電流が中から外に流れます。

この刺激が反射と呼ばれている現象を起こし、脳や内蔵に刺激を与えると考えられています。

この反射は皮下にあるツボに刺さないと、決して起こる現象ではないのです。

治せる鍼灸師と治せない鍼灸師との違いは、この適正なるツボに適正に刺すことで起きることなのです。

もちろん鍼灸師の治療の本質が「気または気功」であったとしても、それでも適正なるツボに鍼を刺さないと効果は現れないということです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
がんやリウマチ、糖尿病から脳溢血後遺症まで、様々な治療を行っている「手のひら先生」が、ブログとは違った切り口でお送りするものです。
メールマガジンを発刊いたしました。「手のひら先生高麗手指鍼の散歩道」です。毎週木曜日に発行いたします。あなたのお役に立つ健康情報、東洋医学の立場からの病気に対する考え方など、様々な角度から目からウロコのお話もお届けしいたします。治療室のこぼれ話も書きましょう。
購読ご希望の方は発行サイト「まぐまぐ」[ http://melma.com/backnumber_196942/:title=Melma」]で登録宜しくお願いいたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■